sign.png

HOME > 膝の痛み(変形性膝関節症)

初めての方へ

料金

アクセス

a1640_000388.jpg

膝痛膝
膝痛は大きく分けると2種類あります。
ひとつは高齢者に多い
変形性膝関節症(へんけいひざかんせつしょう)、
もう1つは若年者、中年者に多い
膝蓋大腿症候群(しつがいだいたいしょうこうぐん)です。
変形性膝関節症は老化によって
関節軟骨がすり減り関節のすきまが
せまくなります。
ひどくなると炎症が起きて水が
たまったりします。
膝蓋大腿症候群は
お皿と大腿部(だいたいぶ)の骨が
接触して起こります
膝痛対策はこちら
変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)
変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)は
老化によって関節軟骨がすり減り関節のすきまがせまくなります。
ひどくなると炎症が起きて水がたまったりします。
また水(関節液)が貯留しますと膝が曲がらない
状態を作りだすことがあります。
変形性膝関節症のサポーターは膝の筋肉を補助するひざサポーター おススメします。
変形性膝関節症対策はこちら
オスグット
スポーツを行っている子供で
小学校から中学校に上がる時によくみられます。
原因は足の筋肉が骨の成長よりも早いことです。
大腿部の前側の筋肉(大腿四頭筋:だいたいしとうきん)が
膝を通ってお皿の下に付着しているのですが、
筋肉の過緊張によってこの部分がはががれる疾患です。
その他、大腿部(だいたいぶ)の後側の
筋肉(ハムストリングス)の筋力低下や
土踏まず減少による内股(うちまた)も原因となります。
オスグットには膝の筋肉を補助するひざサポーター をおススメします。
オスグット対策はこちら
O脚
O脚は病気ではありません。
立った状態で両膝や両足首が
ピッタリくっつかなくても問題ではありません。
問題なのはO脚によって股関節の痛み、膝の痛み、
足首が痛い場合は調整する必要があります
O脚調整には かかと安定ヒールロッカー おススメします。
O脚対策はこちら
膝蓋骨分離症(しつがいこつぶんりしょう)
スポーツ少年の膝の痛みで考えなければ
いけないのは、オスグット・シュラッター病や
ラルセン・ヨハンセン病(SLJ)がありますが
これよりも発症年齢が早いのが
膝蓋骨分離症(しつがいこつぶんりしょう)です。
膝蓋骨は通常、2つ以上の
骨化核(こつかかく)があ成長とともに
癒合(ゆごう:くっつくこと)して、
1つの骨になるのですが
これが癒合せずに残ったものが
膝蓋骨分離です。
特にお皿の上外側で分離している
ケースが多いようです。
原因としては
大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の過緊張と
過度の運動量かんがえられます。
当院では
走ったり、とんだりするのを制限して
お風呂の中で正座するなどのストレッチを
すすめています。
治療は
下がっている舟状骨(あしの裏の骨)を上げ
内反(内側にあしが向いている状態)、
外反(外側に足が向いている状態の調整。
脛骨(けいこつ:膝から足までの長い骨))の
回旋(かいせん)モビリゼーション
股関節、骨盤の調整です。
そして、くつの中敷に
内側縦(ないそくたて)アーチパッドと
かかとのウエッジパットを
つけてもらいました。
(土踏まずを作る目的とかかとの位置の調整するため)
かかとの調整には かかと安定ヒールロッカー をおススメします。
足のアーチの調整には ソルボバランスウォーク をおススメします。

交通事故の治療

201701190333 (1).gif
sign.jpg
トップ
春日井市 接骨院 求人
初めての方へ
料金
アクセス
sign4FSDE334.jpg
signEZPRC1W0.jpg
signW5F3L2YP.jpg
sign.jpg
接骨院とは
コツコツ動画
交通事故
signZUGJOGYN.jpg
うつ病
signYOLTYFKA.jpg
肩こり
signRIK137JI.jpg
signJKV1FX9W.jpg
腰の痛み
重度の腰の痛み
腰の成長痛
signW8RJPRTJ.jpg
産後の骨盤の痛み
sign1O4S4Z90.jpg
signCYHEQ5F4.jpg
sign9B0CMSUO.jpg
sign19TZWKGM.jpg
膝の成長痛
signE7TM1DFA.jpg
sign9ZM2Z6AO.jpg
うつ病
求人募集
求人
お問い合わせ

ブログ
コツコツ日記
こつこつ日記
なっちゃん日記

地域病院・警察
春日井市民病院
ふくだ整形外科
まつした整形外科
春日井警察署
弁護士邦人「心」
弁護士法人「心」