sign.png

HOME > 足の痛み(ねんざ・へんぺい足・アキレス腱炎)

初めての方へ

料金

アクセス

a_013970.jpg

足痛
足痛は土ふまずがない、
いわゆるへんぺい足の方に多くみられます。
へんぺい足の判断方法は必ず立った状態で本人ではなく、
誰かに土ふまずが一番深いところに手を入れてもらいます
(本人が測ると正しい測定ができません)
そして指の第一関節まで入らなければへんぺい足です。
一度試してみてください。
⇒足痛対策はこちら
捻挫(ねんざ)
ここでは日常生活やスポーツの現場でよく発症する
足首の捻挫(ねんざ)をとりあげます。足首は内側よりも
外側の方が強度が弱いため、内側にねじる場合が
圧倒的におおいです。
捻挫(ねんざ)は道や床の段差を踏み外したり、
階段を降りるときやハイヒールをはいて歩いていたときに
急にねじったり、溝や穴に足がはまってつまづいたときに
よく発症します。
また野球やサッカー、バレーボールやバスケットボールなど
スポーツ時にもよく見られます
捻挫(ねんざ)対策はこちら
外反母趾
外反母趾は親指の関節が右足のなら「く」の字、
左足なら「逆く」の字に変形したものをいいます。
原因はつま先がとがったヒールはきすぎ、
幼少期に過度の運動、家族歴などいろいろありますが、
ここではへんぺい足による外反母趾をとりあげます。
外反母趾対策はこちら
足底筋膜炎(そくていきんまくえん)
足底筋膜炎(そくていきんまくえん)はスポーツ障害もっとも多く
見うけられ障害ですが、足のアーチが必要以上つぶれることにより
足底筋膜(そくていきんまく:足底の筋肉を包んでいる膜)に
炎症が発症するものです。特に足底筋膜(そくていきんまく)の
付着部である踵(かかと)の骨の前側に痛みや
骨のとげ(骨棘:こつきゃく)があらわれます。
足底筋膜炎対策はこちら
アキレス腱炎
足底筋膜(そくていきんまく:足底の筋肉を包んでいる膜)の
過緊張とアーチの減少はかかとの骨を前方に引っぱることになり、
かかと(踵骨隆起:しょうこつりゅうき)に付着しているアキレス腱に
緊張をあたえることになる。過緊張を起こしたたアキレス腱は
腱鞘炎(けんしょうえん)を発症すると共ににアキレス腱と
かかとの骨(踵骨隆起:しょうこつりゅうき)の間にある
アキレス腱下滑液胞(あきれすきんけんかかつえき)の
炎症(腫れない)を発症します。
アキレス腱対策はこちら
踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)
踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)はバスケットや
バレーボールなどのたい床で行うスポーツに多いです。
原因はアーチの低下とふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)の
過収縮によります。痛みの部位はかかとの先端部です。
⇒踵骨骨端症対策はこちら
有痛性外脛骨腫(ゆうつうせいがいけいこつしゅ)
クラッシックバレー、バスケットなどのつま先立ちや
ジャンプを多用するスポーツに発症します。
足の内側の筋肉(後脛骨筋:こうけつこつきん)の
持続収縮が過度になり付着している内くるぶしの
斜め2センチ下の出っぱっている
骨(舟状骨結節:しゅうじょうこつけっせつ)が
過成長を起こして痛みを感じます。
⇒有痛性外脛骨腫対策はこちら

交通事故の治療

201701190333 (1).gif
sign.jpg
トップ
春日井市 接骨院 求人
初めての方へ
料金
アクセス
sign4FSDE334.jpg
signEZPRC1W0.jpg
signW5F3L2YP.jpg
sign.jpg
接骨院とは
コツコツ動画
交通事故
signZUGJOGYN.jpg
うつ病
signYOLTYFKA.jpg
肩こり
signRIK137JI.jpg
signJKV1FX9W.jpg
腰の痛み
重度の腰の痛み
腰の成長痛
signW8RJPRTJ.jpg
産後の骨盤の痛み
sign1O4S4Z90.jpg
signCYHEQ5F4.jpg
sign9B0CMSUO.jpg
sign19TZWKGM.jpg
膝の成長痛
signE7TM1DFA.jpg
sign9ZM2Z6AO.jpg
うつ病
求人募集
求人
お問い合わせ

ブログ
コツコツ日記
こつこつ日記
なっちゃん日記

地域病院・警察
春日井市民病院
ふくだ整形外科
まつした整形外科
春日井警察署
弁護士邦人「心」
弁護士法人「心」